水滴と基板

建築現場の木材はフッ素コーティングの撥水剤効果で汚れから守ろう

光学レンズ

大きなサイズの建物は勿論のこと、比較的小さな建物でも、建設にはそれなりに時間がかかります。その間、これから建物に使う木材や、すでに建物として組み込んだ木材は、外気や風雨に晒された状態になります。カバーで保護している場合が多いですが、木材そのものが外界の様々な汚染物質の影響を受けないようにできれば、その方が効果的に木材を保護できるでしょう。
この役割にピッタリなのが、フッ素コーティングです。建材をフッ素樹脂被膜でカバーすると、撥水剤を使ったのと同様の状態になり、水分は木材表面ではじかれるようになります。撥水剤は、木材の他に、水が大敵の皮革アイテム、電子部品などにも幅広く使われ、こうした場合もフッ素コーティングの技術が応用されている場合が多いです。
それというのも、フッ素コーティングによる撥水剤効果が非常に高く、かつ手軽に加工することが可能だからです。建築現場で使う木材も、フッ素コーティング処理をしておけば、雨水がしみこんで汚れるのを防げるだけではなく、水分による腐食、カビの発生も防止できます。汚れは見栄えの問題ですが、腐食となると、建築物の安全性の問題になりますので、一層深刻です。フッ素コーティングの撥水剤効果を利用して、確実に木材を保護する方がいいでしょう。

pick up

撥水剤としてフッ素コーティングが活用されている製品

撥水加工の傘

製品に対してフッ素コーティングの技術を使って加工する目的は、ものによって実に様々です。中には、特に撥水剤としての効果を期待して、フッ素コーティング加工が施されている製品も数多くあります。そのいい例が、幅広いアイテムがある皮革製品です。皮革を素地とした製品には、ポピュラーなものだけ見ても、シューズ、バッグ、コート、キーホルダーなどがありますが、撥水剤処理することで水に抵抗力を持つように…

光学レンズ

建築現場の木材はフッ素コーティングの撥水剤効果で汚れから守ろう

大きなサイズの建物は勿論のこと、比較的小さな建物でも、建設にはそれなりに時間がかかります。その間、これから建物に使う木材や、すでに建物として組み込んだ木材は、外気や風雨に晒された状態になります。…

more

葉から滴る水

防水スプレー原液として撥水剤の役割を果たすフッ素コーティング剤

生地などの表面が水を弾いて中に水分が通らないようにする性質を撥水性と言います。製品にこうした特性を持たせることで、水や水溶性の物質が製品に付着したりしみこんだりして発生する問題を防ぐことが可能に…

more

雨に濡れる車

撥水剤の効果も発揮しているお鍋やフライパンのテフロン加工

日常生活の中では、様々な製品を何気なく使っていますが、フッ素コーティングのメリットを如実に感じる場面としては、やはりテフロン加工品のお鍋やフライパンを使っている時でしょう。テフロン加工品の金属製…

more

post list